ブリーダーと言ってもその質は様々?!シリアスブリーダーって何?ブリーダーを名乗るパピーミルの存在とは
犬舎名
クイーンブレス・アールエトワール Queen Bless / Art Etoile
動物取扱量登録番号
販売:四販第19-13 有効年月日:H29年5月23日
代表者名
江島(山門)千恵
所在地
三重県四日市市山田町5613-2
連絡先
TEL:059-328-3108  FAX:059-328-3108

携帯:

  • パピヨン、ゴールデンレトリーバー、柴犬、チワワ ロングコートチワワ、
  • Queen Blessのパピヨン子犬

  • 2009年度現在、日本を除く犬の先進国欧米諸国にて「900タイトル」以上を受賞中!記録更新中です。 自家繁殖犬 「世界のトップメジャーショー受賞歴」 -2000~2009年- ●イギリス「クラフト展」・・・「G1st」 1回、「BOB」 2回、「RDCC」 1回、直子「BOB」 2回 [url=http://www.papillonclub.org/History/Welcome.html] ●アメリカ「全米ナショナル展」・・・「BISS」 3回、「BOS」 2回、「AOM」多数、「ベスト/OSスウィープ」 2回、「WD/WB」 3回、「BOW」 1回、「ベストパピー」 1回、その他クラスファースト多数[/url] ●ヨーロッパ「FCIヨーロッパウィナーショー」・・・「グループ入賞」 2回、「BOB」 3回 ●ヨーロッパ「各国ウィナーショー」・・・「BOB、グループ入賞」多数 ●オーストラリア「ロイヤルショー」・・・「G1st」 2回、「BOB」多数 ●アメリカ、カナダオールブリードショー・・・「BIS」 25回以上 ●世界各国NO,1ランキング獲得国・・・アメリカ、オーストラリア、フィンランド、イタリア、ドイツ、スイス、日本他15カ国以上 ●アメリカ 「パピヨンクラブ最高位ゴールデンバタフライ賞」 3回 ●アメリカ 「パピヨンクラブ優秀種オス賞SOM」 5頭、「同 優秀台メス賞DOM」 1頭 ●2007年ブリーダー&オーナー&ハンドラーとして、「クラフト展」&「ウエストミンスター展」BOBを獲得 ●1998年「FCIアジア展」にてゴールデンRで「BIS」受賞 ●現在もブリーダー&ハンドラーとして、国内外のFCIショーを始めメジャーショーでBISを獲得し続けています。

このブリーダーの子犬や親犬、受賞犬などは下のボタンをクリックして確認できます。

このブリーダーさんからのメッセージ

パピヨンの世界的トップブリーダーとして有名なQueen Blessのパピヨンたちは、アメリカ・イギリス・スウェーデン・ヨーロッパ各国・オーストラリアなどのメジャードッグショーで、1,000タイトル以上を受賞しています!!ハイクオリティ!で「エレガント!インテリジェンス!!」なパピヨンは、きっと皆さんの家族の一員として、ペットライフをエンジョイさせてくれるでしょう! ★当ケネルオーナーは、世界中のドッグショーでベストインショー審査員も行い現在30か国以上で審査をしています。 ★「殺処分ゼロ運動!」に参加しています。Queen Blessでは、当ケネルからお迎えして頂いた皆様の中でどうしても終生飼育が不可能になられた場合に責任を持ってワンちゃんをレスキューさせて頂きます。命を助けるシェルター活動を推進しています。ペットコンシェルサービスも有料で行います。

犬舎のコンセプト

「ブリーディングは“芸術”です!」 ・・・いつも私がブリーディングについて、世界各国で講義する時に使う言葉です。  愛情を込め、より美しい作品(犬)を作る事が“ブリーディング”だと考えます。  Queen Blessは、世界のスタンダードの真髄を追求し、よりエレガントで遺伝的疾患の無い、健全なパピヨンのブリーディングを心がけております。  ペット用の作出、営利目的の為(パピーミルなど)には、ブリーディングを一切行っていません。 昨今TVで報道されるパピーミル、ブリーダーあるいはショーブリーダーと当ケネルは全く違いますのでご理解ください。  全てのブリーディングは、よりスタンダードに忠実で、ハイクオリティな子犬の作出にのみ行います。 その結果、中にはクオリティ レベルに達しない子犬達も生まれます。この子達を各ご家庭のファミリードッグとして、パピヨンをこよなく愛する一般愛犬家の皆様に、ご紹介させて頂く事もあります。 よってQueen Blessでは、ショー ドッグもファミリー ドッグも共に同じ血統を持つことになります。  世界のメジャー ドッグショーで高い評価を受け続ける為には、日々のたゆまぬ努力は欠かせません。  これからも”世界最高峰のエレガントでインテリジェントなパピヨン”、”ゴールデンレトリバー”、”柴犬”を作り続けていきたいと思っています。その他犬種の繁殖指導もさせて頂きます。お気軽にお問合せ下さい。

血統証明書・健康診断証明書

販売後、3ヶ月ほどで発送させて頂きます。 お引渡し前には、獣医師で健康診断を行い、1回目の混合ワクチンを終了後にお渡し致します。 Queen Blessでは、生後2ヶ月以上で母親の愛情を充分に受けた社会化を行った子犬達をお世話させて頂きます。 ペットコンシェル業務も行っておりますのでお気軽にお尋ね下さい。

ワクチン代

1回目の混合ワクチン代金は当舎が負担します。 生後4ヶ月以降の子犬に関しては、2回目の混合ワクチンも当舎が負担します。

引渡可能日

分に母親の愛情を受け、子犬の社会化が終了する時期での引き渡しとなります。生後8週令以降となります。 ご希望により希望期日まで当ケネルで飼育管理させていただくことも出来ますが実費費用はかかりますのでお問合せ下さい。

引渡方法・送料について

基本的には、来舎して下さい。空輸、陸送は実費にてご相談に応じます。 ペットコンシェル業務も有料で対応させて頂けますのでお問い合わせ下さい。 ※ペットコンシェル業務:ペットコンシェルライセンス保持者が、子犬ご希望の顧客様へ子犬を直接お見せするお手伝いをさせて頂きます。

保証について

 遺伝疾患には十分に配慮してブリーディングを行っております。しかし、子犬販売後に事前告知していなかった遺伝疾患が見つかった時には、同等の子犬と無料にて交換をさせて頂きます。  お引渡しの際には、健康チェックをしてお渡ししますが、お引渡し後ブリーダーの責任による病気の発生(獣医師証明書添付)につきましては、当ケネルがお預かりをし責任を持って、治癒に至るまでの管理をさせて頂きます。尚、お引渡し日より1か月間(例:2日であれば翌月1日迄)にかかった治療費を合計3万円を上限とし保障。*ただし、1歳齢未満の子犬が対象となります。 【ペット保険】2015年度7月より、Queen Blessで直譲するパピーたち、里親でご紹介する子たちには、すべての子たちにペット保険をおすすめしております。

アフターフォローについて

子犬達は、母親と飼育者の愛情をたっぷりと受けて育っています。  スペシャルウォーターを飲み、特別に配合されたフードには、特許取得のコラーゲン「Power Balance」を発情前から母犬に与え、授乳中も与え続ける事によって、子犬はすばらしく健康的にしっかりとしたボディに仕上がります。  Queen Blessパピヨン達の血統は、充分に吟味され、セレクトされた遺伝病のほとんど発生例のない健康的なラインです。 しかし、生き物である限り100%と言う事は無いでしょう。 先天疾患、或いはブリーダーに責任のある病気に関しては誠意的に対応させて頂きます。(詳細は、別紙購入契約書に記載) 新しい子犬のオーナー様は、Queen Blessファミリーの一人です。全てのご相談について、丁寧にフルサポートいたします。

犬舎見学について

オーナーの海外出張が多い為、基本的には来舎予定の3日前までにはアポイントを取って下さい。

子犬ナビ事務局が、このブリーダーについて紹介します

事務局より Queen Bless and Art Etoile kennel クィーンブレス & アールエトワール 世界トップクラスのパピヨンを迎えられるのが、クイーンブレス犬舎。 実際に目の当たりにするパピヨン達は美しく その姿は宝石にも例えられるほど美しく華やかで、その振る舞いは可憐で気品さえ漂います。 素人的に素直に言うと、とっても綺麗でとっても可愛い(^_^メ)まず街中では見かけません。。。。。。 代表は江島千恵さん。 業界では江島さん、もしくはクイーンブレスの名前を知らない方は少ないと思います。 そのくらい知名度・人気・実力共に抜きに出ています。 ですが、その実力を支えている根本的な部分が、ブリーダーとしての心構えであり、犬達にのびのびと育つ事の出来る健全な生活環境を可能な限り常に提供している事だと思います。 その結果、その思いや行動に犬達が応え、世界が認めるクイーンブレスであり、数え切れないほどの世界タイトルにつながっているのだと思います。 これこそが、真のシリアスブリーダーのあるべき姿だと思います。 気になるパピヨンに出会えた方、安心して子犬を迎えたい方、子育てに不安のある方、一度連絡してみて下さい。 その知識と経験は、健全な環境で育てられた可愛くて健康な パピヨンをブリーダーさんから我が家に迎える近道であり、迎えた後もしっかりとしたサポートを頂ける信頼のおけるペットライフアドバイザーだと思います。 もちろん、すべて江島さんにお任せでも大丈夫でしょうが、皆さんもパピヨンと向き合い、学び、コミュニケーションを取りながら少しづつ互いの信頼関係を高めて下さい。 きっと、何にも代える事の出来ない素敵なLife with Papillon を送る事が出来ると思います。 最後に、江島さんのもう1つの顔が、FCI・AKU・JKC オールブリードBISジャッジ(世界のドッグショーでの審査員)でもあるので、犬を見るその眼は本物です。 ハイクオリティな犬との暮らしを希望される方、ドッグショーに興味のある方、チャンピオン犬と暮らしたい方、我が子をチャンピオンにしたい方、夢を叶えるチャンスかもしれません。 クイーンブレスオフィシャルサイト Queen Bless http://www.queenbless.com