main_img
ブリーダーと言ってもその質は様々?!シリアスブリーダーって何?ブリーダーを名乗るパピーミルの存在とは

子犬を迎える予備知識

犬は肉食動物ですが、人間との生活が影響し雑食の傾向が強くなりました。しかし、改めて犬は肉食であるという事を認識する事も重要です。それは、良質な動物性タンパク質を大量に必要とする動物だからです。子犬の成長期には、タンパク質の他にも水、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、ミネラル、脂肪、多少の炭水化物など重要な栄養素がいくつかありますので、簡単な説明と共にご紹介させて頂きます。

タンパク質

タンパク質には動物性タンパク質と植物性タンパク質と大きく分けて2つのタンパク質がありますが、子犬にとって最も重要で必要不可欠な栄養素は、動物性タンパク質です。成犬にもなると人間の4倍のタンパク質を必要とします。殆どの臓器の元になる各種アミノ酸を動物性タンパク質から得ているのです。同時に良質な動物性タンパク質は抵抗力の強い病気になりにくい体をつくる事にもなり、子犬の成長と共に生活活動に大きな影響を与えます。逆に動物性タンパク質が欠けてしまうと、あちこちの臓器に障害が発生してしまうので、必ず良質な動物性タンパク質を子犬に与えるよう心がけて下さい。

良質な動物性タンパク質の摂取に最も理想的な食べ物は生肉です。ですが、生肉を与えるのも抵抗があるかもしれませんね。そのような方は、総合的な栄養のバランスから考えても、やはり子犬用の総合栄養食(ドックフード)が手軽でしょう。その他の栄養素も成長期に合わせバランス良く含まれたフードもあります。しかし、良質なタンパク質を得られるドッグフードばかりではありません。大豆や麦など植物の粉末で構成される植物性タンパク質をメインに作られたドッグフードも多いので、飼い主さんは内容物や成分にも気を付けて与えて下さい。ドッグフードに対して抵抗がある方は、是非とも犬の食事について学んで頂き、愛情と共にバランスの良い手作り食を与えるのも良いでしょう。その際には、ドッグフードをおかずとして添えてあげるとバランスの良い食事が出来ると思います。

脂肪

子犬の成長を支える栄養素には、脂肪は欠かせません。細胞の成長には脂肪が必要であり、脂肪が不足すると、子犬の成長が滞り、皮膚が乾燥して肌がカサカサになりフケが多くなり、毛艶がなくなってきます。このような結果を避けるためにも子犬の食事には脂肪(必須脂肪酸)が不可欠です。子犬の体内ではこうした脂肪酸を充分には合成できない為、絶えず食事から得る必要があります。ただし、あまり取りすぎても、肥満や皮膚病の原因になりますので、ご注意ください。それと、犬は嗅覚を優先して食事をします。この習性を利用した内容の薄いドッグフードがありますので、良く食べてくれるのでと、食い付きに重点を置くあまり、ベタ付くほどの油を吹き付けたようなドライフードは絶対に避けて下さい。このようなフードの見分け方は、10粒ほどを手のひらに乗せて両手のひらでゴロゴロと10回ほどこすると両手にべた付くほどの油分が付着しますので判断してみて下さい。多少の油分は問題ではありません。

炭水化物

子犬の成長に必要な栄養素としてはそれほど重要ではありません。しかし、炭水化物には、腸の働きを程よく促し便通を良くするなど、腸の健康を保つ為には優れた栄養素です。炭水化物には腸の働きを良くすると同時に他の栄養素の消化吸収も助ける役目も行います。

ビタミン

ビタミンは、子犬の発育過程で必要不可欠です。必要なビタミンは、大きく分けて2種類です。脂に溶けて存在している脂溶性ビタミン。水に溶けて存在している水溶性ビタミン。これら2つのビタミンは子犬の成長には欠かせません。脂に溶けた状態で存在している脂溶性ビタミンはビタミンA、D、Eです。

ビタミンAは、子犬の成長を健全な状態で促進する作用があるのと同時に同時に抗酸化作用もあり加齢を遅らせる働きもあります。その他、臓器、皮膚、感覚器、免疫力など広範囲に効果的に作用します。目に見えて分かるのが、皮膚の状態を健康に保ちきれいな毛質を作り上げます。

ビタミンDは、各臓器の発達を助けながら、免疫機能を高め抵抗力を備えていきます。ビタミンEは、皮膚の状態を整え毛並みを美しく保つ事に使われます。脂溶性ビタミンは脂肪に蓄積されるので、一度摂取すると簡単には排出されません。よって過度の摂取はビタミン過剰症を起こすことがありますので避けて下さい。

水溶性ビタミンの代表としてビタミンB群とビタミンCがあります。ビタミンB群には、食事で得た物を効率よくエネルギーに変えたり、細胞の成長を助けたりする役目があります。ビタミンCは、体の中でも作り出す事が可能な栄養素ですが、ごく微量です。成長期の子犬に少量のビタミンC(1日500mg前後)を与える事で、各関節の急激な成長を助ける役目があります。関節の形成に伴い動きをスムーズにするコラーゲンも同時に形成されるのですが、この時にビタミンCはコラーゲンの形成を助ける栄養素になります。

他にも、免疫システムを助けるなど、予防効果、抵抗力、自己治癒能力を高める役目を果たします。水溶性ビタミンは脂溶性ビタミンと違って過剰に摂取しても尿と一緒に排泄される為、過剰症の心配はありませんが、逆に体に蓄積する事も出来ない為、毎日摂取しなければ欠乏症を発症するおそれがありますので注意が必要です。

ミネラル

ミネラルにはカルシウム、リン、ナトリウム、鉄分などがあります。子犬の発育促進、特に丈夫な骨作りや丈夫な歯を作り、体液のバランスを整えます。過度の接種は、子犬の時は特にバランスを崩しやすいので、専門の方に相談された上で与えるのがベストでしょう。

子犬のベッドになるスペースを確保するものです。成犬時のサイズに合わせて、子犬の成長に合わせて選ぶ事が重要です。あまり大き過ぎず小さ過ぎず犬がダラ~んと寝そべれるサイズが良いでしょう

食器

子犬の成長に限った事ではありませんが、水は動物にとって最も重要な栄養素です。子犬の体の2/3は水分で血液や細胞を形成しています。水分の働きによって新陳代謝や臓器を正しく動かし、消化や体温の調整も水分が大きな役目を果たします。夏場の暑い時期には水分が失われ易い為、脱水症状など発症する事があります。小型犬、大型犬に関わらず、体内の10%以上の水分が失われると危篤状態に陥る事もありますので、常に水分の補給が出来るように考えてあげて下さい。

以上、子犬に必要な 大まかな主要要素を書き出してみました。食事など気になる点がありましたら参考にして下さい。