main_img
ブリーダーと言ってもその質は様々?!シリアスブリーダーって何?ブリーダーを名乗るパピーミルの存在とは

はじめての方へ

子犬ナビは、厳選されたブリーダーさんのみが参加している、子犬情報のポータルサイトです。子犬ナビでは、ドッグショーでチャンピオンを獲得した日本でもトップクラスのブリーダーさんやシリアスブリーダーさんの子犬のみを紹介しております(悪徳ブリーダーの子犬は紹介しません)。また、子犬はブリーダーさんが直接皆様に販売することにより、中間マージンが発生せず、元気で健康な可愛い子犬と出会うことができます。皆様が安心して子犬を迎えて頂けるように、全国から優良ブリーダーさんを厳選しました。皆様と子犬に素晴らしい出会いがあることを子犬ナビは願っております。

ようやく日本もブリーダーさんから直接子犬を迎える習慣が広がってきた。

チワワ画像

これまで、子犬を迎える時にはペットショップから迎える事が日本の習慣でしたが、アメリカやイギリスではペットショップでの子犬の販売は、法律で禁止されています。その理由として、子犬をショーケースに並べる陳列販売が動物虐待に当たるという考えや、捨て犬や行政施設で処分される犬を減らすこと、子犬に大きなストレスがかかること、親犬や兄弟たちと生活することで、犬社会のルールを学ぶ期間を子犬から奪うことなどがあります。とくに、生後8週間までの社会化期をショーケースで過ごした子犬は、ブリーダーさんのもとで親犬や兄弟たちと過ごした子犬に比べて、無駄吠えや噛み付き癖がある子犬が多いといわれています。ようやく日本でもその実態が広がり、ブリーダーさんから直接子犬を迎える流れが広がりつつあります。

日本トップクラスのブリーダーさんやシリアスブリーダーさんの子犬と出会えます。

子犬ナビを運営している(株)ドッグランでは、2003年からブリーダー直譲型の子犬販売を推奨してきました。ブリーダーさんとの長年のお付き合いの中から、長くお付き合いできるブリーダーさんと、長く付き合うと嫌な思いが増えて行くブリーダーさんがいる事を実感してきました。その嫌な思いが増えて行くブリーダーさんとは、一にお金が優先するブリーダーさんのことです。業界では『パピーミル(子犬工場)』と呼ばれています。日本でブリーダーさんと言えば、その多くがパピーミル(子犬工場)です。最近は、プードルのブリーダーさんに多いです。数年前までは、チワワのブリーダーさんで、その前はダックスフンドのブリーダーさんだったりと犬種や犬質へのこだわりはありません。売れるからプードルを扱う、市場原理主義です。子犬の飼育環境は決して良いとは言えず、子犬を産ませる、子犬を売る為に、合理的な環境が優先されます。

その一方で犬種や犬質にこだわりりを持つブリーダーさんをシリアスブリーダーと呼びます。愛犬家の延長線上にいるブリーダーさんがシリアスブリーダーです。ドッグショーなどでチャンピオンを獲得するような犬を育てているブリーダーさんがこれにあたります。シリアスブリーダーは、パピーミル(約10,000犬舎)に比べ、約500犬舎と極端に少くなります。シリアスブリーダーさんにとって犬達は家族なので、子犬の飼育環境が良いことはもちろん、母犬の健康状態に多少の疑問符が付くだけで交配を行いません。その為、子犬の出産頭数は、パピーミル(子犬工場)に比べ、圧倒的に少なくなります。正直に言うと、子犬の時期で犬質の違いに気付くことは困難です。しかし、シリアスブリーダーさんの子犬は、2歳、3歳・・・と歳を重ねるごとに大きな違いが表れます。それは、いつまでも若々しく、病気になりにくいという特徴をもっていることです。子犬ナビでは、皆様に安心して子犬を迎えて頂くために、トップブリーダーさん、シリアスブリーダーさんを厳選してご紹介いたします。子犬ナビ自慢の子犬たちはコチラから検索できます。